製品紹介と価格

価格重視

ソーラーフロンティア 太陽光発電システム

  • ソーラーフロンティア 太陽光発電システム
  • ソーラーフロンティア 太陽光発電システム
  • ソーラーフロンティア 太陽光発電システム
熱に強い、影にも強い。「実発電量」で結果を出す「CIS太陽電池」

弊社は、CISと呼ばれるCIS太陽電池を使用しております。
CIS太陽電池は、主成分に銅(Copper)、インジウム(Indium)、セレン(Selenium)を使用しており、3つの頭文字をとりCISと呼ばれています。
従来の結晶シリコン系太陽電池に比べて、CIS太陽電池は高温時の出力ロスが少なく、部分的な影の影響も少なく、太陽光に当たると出力が上がるという性質をもっているので、実質的な発電量で結果を出すことができるのです。

ソーラーフロンティア 太陽光発電システムの詳しい製品紹介・価格はコチラ

カナディアンソーラー 太陽光発電システム

  • カナディアンソーラー 太陽光発電システム
  • カナディアンソーラー 太陽光発電システム
  • カナディアンソーラー 太陽光発電システム
景観に溶け込むブラックフレームモジュール

白色のバックシートと黒色のアルマイト処理をしたアルミフレームを採用し、景観を損なわず、建物の外観にこだわりを持つお客さまにも最適です。

カナディアンソーラー 太陽光発電システムの詳しい製品紹介・価格はコチラ

ジャパンソーラー 太陽光発電システム

  • ジャパンソーラー 太陽光発電システム
  • ジャパンソーラー 太陽光発電システム
  • ジャパンソーラー 太陽光発電システム
原料メーカーならではの高性能と安定性を実現したジャパンソーラー

ジャパンソーラーの太陽電池モジュールは、原料メーカーとしての誇りを集結した最新の技術開発によって最高水準の性能を発揮します。
210Wはスリムサイズなので寄棟に最適、250Wは桐妻におすすめです。
原料メーカーならではの高性能と安定性を実現したのが、ジャパンソーラーの太陽光発電です。

ジャパンソーラー 太陽光発電システムの詳しい製品紹介・価格はコチラ

ソーラーシリコンテクノロジー(SST) 太陽光発電

  • ソーラーシリコンテクノロジー(SST) 太陽光発電
  • ソーラーシリコンテクノロジー(SST) 太陽光発電
  • ソーラーシリコンテクノロジー(SST) 太陽光発電
SSTとトリナソーラーのコラボレーションで毎日の大きな発電を実現

太陽光発電システムの開発から行う、ソーラー・ソリューション・カンパニー。高い技術と信頼性が求められる公共・産業用システム向けの技術を、住宅用に活かしていきます。もちろん万全の長期保証・アフターサービスであなたの発電をサポートします。

ソーラーシリコンテクノロジー(SST) 太陽光発電の詳しい製品紹介・価格はコチラ

SUNTECH(サンテック) 太陽光発電システム

  • SUNTECH(サンテック) 太陽光発電システム
  • SUNTECH(サンテック) 太陽光発電システム
  • SUNTECH(サンテック) 太陽光発電システム
長く使用していただくために、モジュールの出力を25年間保証

サンテックパワーの一番の特長は、25年にわたる業界最長の出力保証。サンテックパワーは、設置後12年までは最大出力の下限値(「公称最大出力」の90%)の90%、25年までは最大出力の下限値(「公称最大出力」の90%)の80%の出力を保証します。モジュールに不具合が発生し、発電量がサンテックパワーの規定値を満たさなくなった場合、モジュールの交換を行います。(※諸条件などがございます。詳しくはお問い合わせください)

SUNTECH(サンテック) 太陽光発電システムの詳しい製品紹介・価格はコチラ

コスモ電機株式会社 太陽光発電システム

  • コスモ電機株式会社 太陽光発電システム
  • コスモ電機株式会社 太陽光発電システム
  • コスモ電機株式会社 太陽光発電システム
コストと性能のバランス、手厚いアフターサービスが魅力

太陽電池モジュールの公称最大出力の90%の出力保証を10年間、80%の出力保証を25年間行います。
太陽電池モジュールの出力、パワーコンディショナ、接続箱、太陽電池架台について保証を実施しています。

コスモ電機株式会社 太陽光発電システムの詳しい製品紹介・価格はコチラ
  • 三菱
  • 東芝
  • カナディアンソーラー
  • 京セラ
  • フジプレアム
  • パナソニック
  • ソーラーフロンティア
  • ジャパンソーラー
  • サンテック
  • シャープ
  • 長州産業株式会社
  • コスモ電機株式会社
  • 単結晶
  • 多結晶
  • CIS
  • 価格重視
  • 発電効率重視
  • デザイン性重視