土地屋根活用_r1_c1

  • 土地屋根活用_r3_c2
  • 土地屋根活用_r3_c4
  • 土地屋根活用_r3_c6

住宅用と産業用太陽光発電の違い

住宅用と産業用太陽光発電の違いをご紹介いたします。

 

住宅用と産業用の大きな違い

発電量が10kW未満の太陽光発電システムを「住宅用」 発電量が10kW以上の太陽光発電システムを「産業用」と区別されます。

 

電力の買取方法と期間の違い

土地屋根活用_r6_c4

補助金や税制優遇の違い

住宅用太陽光発電システムは国、地方自治体等の補助金対象となります。
産業用システムについてはこれらの補助金制度は適用されません。

しかし、電力の買取方法は住宅用太陽光発電が余剰電力買取で10年固定なのに対し、産業用太陽光発電システムは全量買取で20年間固定となっています。
どちらがお得かという事は一概には言えませんが、20年間固定買取制度の方が、全体的にはお得となることが多いようです。
また、グリーン投資減税などの税制優遇適用も条件により可能です。

工場・学校などの産業用太陽光発電設置のメリット

企業など法人が太陽光発電を導入すると以下のようなさまざまなメリットが期待できます。
太陽光発電を導入することによって、経済的メリットだけでなく社会的信用力の向上にもつながっています。

 

CSR(企業としての社会的責任)としての評価が向上

原発停止が国民の大きな関心事になっている中、全電力の6割以上を消費する産業界の中で電気の自給率を高めること、地球温暖化防止に向けCO2排出量削減は、企業市民としての責任を果たす取り組みとして社会から高く評価されます。

 

一定の経済効果が期待できます

『再生可能エネルギー特別措置法』が成立し、再生可能エネルギーで発電した電気の全量を高単価で買い取る仕組みが出来上がりました。
これを受けて、少ないリスクで長期的かつ安定的に収益をあげることが可能になり、収益事業として注目を浴びています。

 

法制度や税制面での優遇があります

環境保全に関わる法制度や税制面・助成制度などの優遇措置があり、売電による収益化を早める施策が数多く整備されています。

工場・学校向け産業用太陽光発電の詳しい情報はコチラ

アパート・マンションオーナの産業用太陽光発電設置のメリット

アパート・マンションオーナー様にとって太陽光発電システムはたくさんのメリットがあります。
太陽光発電は環境にも家計にもやさしいCO2や毎日の光熱費がとても削減でき、しかも余った電気は売ることができます。

 

入居率アップ

賃貸アパートやマンションの入居率が、「100%」という物件は、そう見かけるものではないと思います。
入居者の方は毎月生活費として、家賃の他、光熱費等を支払っています。
入居後支払う光熱費が高いか安いかはお客様にとって大きなポイントになります。
オール電化によって入居者の方の光熱費削減を行い、入居率をアップさせるご提案を致します。
太陽光発電を設置することによってアパート・マンションのイメージアップにもつながり、入居先の選択をする場合、お客様のポイントが高くなります。

 

光熱費ダウン

IHクッキングヒーターと最新の省エネエアコンを併せて月々の光熱費を大幅に節約できるので、入居者に喜ばれます。
また共用部分の電気代も大幅にカットできオーナー様の光熱費も軽減できます。

 

余った電力を売電

昼間に発電した電気は、余れば自動的に電力会社に売電されます。
電気をムダにすることなく発電量も売電量もモニターで確認できるので、節約意識も高まります。

アパート・マンションオーナー向け産業用太陽光発電の詳しい情報はコチラ